三井ホーム

プロジェクト・リーダー:営業担当者
家づくりの総合窓口となり各専門スタッフをコーディネートします
お客様の家づくりの総合窓口となるのが、営業担当者です。家づくりに関するさまざまな情報をご提供するとともに、ご家族の新居に対するご要望を引き出し、イメージをまとめ上げます。また、それをもとに、住まいづくりにかかわる建築家、インテリアコーディネーター、設計担当者、工事担当者といった各専門スタッフをコーディネートし、リードしていくのも営業担当者の役目。資金計画や融資、税金のご相談も承り、お客様にふさわしいファイナンシャルプランもご提案します。
設計担当者
夢を着実にカタチにするために
建築家がお客様とのディスカッションをもとに完成させたプランの設計品質を総合的に管理するのが、設計担当者の仕事です。実際に工事にとりかかるために必要となる意匠図面、構造図面、設備図面などのほか、建築確認申請に必要となる設計図や構造計算書といった申請図書などをくまなく精査し、確認します。設計担当者は、お客様の住まいの設計図を多角的に検証することで、家づくりを施工の段階へと引き上げ、夢を着実にカタチにしていく大切な役割を担っています。
工事担当者
工事現場のすべてを管理し工事中のお客様の窓口に
三井ホームの住まいは、徹底した教育・訓練を受けた技術者である施工スタッフたちが高品質な部資材と先端技術によって、一邸一邸丹精込めてつくり上げます。工事担当者は、その施工スタッフを取りまとめる現場総責任者です。現場監督のプロとして、安全管理を基本とする工事工程全般の管理、騒音をはじめとするご近所への配慮、ゴミの分別処理などを行います。また、工事中のお客様の窓口として、工事の進捗状況などをご報告するのも、工事担当者の大切な仕事です。

また、施工における品質管理に万全を期すため、主任検査員試験(社内資格)合格者が、工事の重要な節目となる配筋・基礎完了や上棟・防水・竣工の各段階で設けられている所定の検査を行います。工事内容は専任検査員がさらに厳しくチェック。たとえば基礎検査のひとつである水平検査では、±2.5ミリの誤差も見逃しません。本当にご満足いただける住まいの実現に向けて、三井ホームは妥協のない検査体制で臨んでいます。
メンテナンス担当者
お客様のご入居後の暮らしをサポートするために
お客様のご入居後も、私たちの家づくりは終わりません。お客様センターが定期点検(3ヶ月訪問、1年訪問、2年点検、5年訪問、10年点検、以降10年ごとに60年まで行なう点検※)とお客様からの連絡に対応する臨時点検※2を行ないます。また、補修が必要な場合、内容・規模に応じて専門スタッフを手配して的確に対処。休日や夜間の緊急時は、オーナーズデスクのお客様センターがお客様のお問い合わせにお答えし、担当者と連携を図って迅速に対応。お客様のご入居後の暮らしを、しっかりとサポートしていきます。
※1 40年以降の定期点検は有料となります。
※2 3年以降の臨時点検は有料となります。
Keyword Link
Copyright(C) GUNMAHOME CO.,LTD.

PAGE TOP