三井ホーム

群馬県の気候

POINT 1

群馬県の気候

日本の気候区分では北毛が日本海側気候、吾妻郡と西毛が中央高地式気候、中毛と東毛が太平洋側気候であり、標高差も大きいため他の関東地方の都県と比較して気候差が大きい。気象庁観測所の観測値に基づくと、ケッペンの気候区分では、前橋、高崎、中之条、下仁田、神流、桐生などの県下主要都市を含む中南部地域の大部分が温帯夏雨気候に類される。このほか、みなかみ町藤原において西岸海洋性気候、沼田とみなかみ町幸地、館林において温暖湿潤気候、草津と嬬恋村田代において亜寒帯湿潤気候が見られる。

※「群馬県」(2016年6月13日 (月) 01:43 UTC)ウィキペディア日本語版

POINT 2

群馬県の夏

南北で気候の差が大きく、夏は前橋、伊勢崎、館林などを中心とした南部では熊谷などと同様、赤城山や秩父山地からのフェーン現象と東京都心のヒートアイランド現象によって発せられた熱風の影響で猛暑日に達することがよくあり、40度前後まで上がることもあるなど日本でも有数の酷暑地帯となる。館林は2010年から3年連続で猛暑日の年間日数の国内最多を記録している。対して北部は気温が低く、上がっても30°Cを少し越える程度。特に温泉で有名な草津などは真夏日はおろか、夏日が観測されることさえ少ないほど冷涼であるなど、県内でも地域によって極端な差がみられる。また、南部ではこの高温の影響により雷が多く上州名物として全国的に知られており、また雷雲が北部山岳地から太平洋に抜ける通り道となっていることから、かみなり銀座とも呼ばれる。

※「群馬県」(2016年6月13日 (月) 01:43 UTC)ウィキペディア日本語版

POINT 3

群馬県の冬

南部では乾燥した晴れの日が多く雪は少ないが、風が強い(赤城おろし)。気温は晴れれば10°Cを越えることも多いが、関東地方の中では寒気の影響を受けやすいため日中でも晴れても5度前後までしか上がらないこともある。また、内陸にあるため冬日は比較的多いが、季節風が強い。真冬日はほとんどない。ただし、季節風が強いため、実際の気温よりも低く感じられることが多い。
北部は日本海からの雪雲の影響で雪が多く、豪雪地帯に指定されている地域が多い。気温も南部と比較すると夏同様に低く、冬日はほぼ毎日、真冬日もよく観測される。また、標高が1000mを超える北東部の尾瀬周辺と西部の嬬恋村や長野原町の北軽井沢などは特に、冷え込みが厳しく、放射冷却により時にマイナス20度以下まで冷え込むことがあるほどであるが、みなかみ町などの北部と違って西部の高原地帯は比較的降雪量は少ない。

※「群馬県」(2016年6月13日 (月) 01:43 UTC)ウィキペディア日本語版

POINT 4

恵まれた立地条件(自然環境)

群馬県は、地震や台風など自然災害が少なく、工場や物流拠点施設をはじめとする様々な産業施設の立地に有利な条件を備えています。
東海地方や首都圏などにおける大震災発生時の本社機能やデータセンターなどのバックアップ拠点としても、多くの企業に選ばれています。
群馬県は、日照時間の長さが全国4位と上位に位置しています。降雪量も平野部では比較的少なく、安定した操業が可能です。

群馬県HP(2016年8月10日)

Keyword Link
Copyright(C) GUNMAHOME CO.,LTD.

PAGE TOP